「働きたい!」と選ばれるための人事戦略セミナー講演の実施

セミナーの趣旨

少子高齢化により多くの企業で人手不足が深刻化。働き方改革が話題になり関連法も施行される中、企業は職場環境改善を求められています。
取り組みには、多様な人材の活用など自社の人事戦略を検討し新たに描くことが重要です。
人事戦略の工夫をしている堺市内の企業の事例を提供するとともに、他業種の企業が率直な意見交換を行い、ヒントを得られる場にすることを目的とされています。

主催

・堺市 産業振興局 商工労働部
・さかいJOBステーション
・ジョブシップさかい

さかいJOBステーション

若年者(15〜39歳まで)と全年齢の女性の「働きたい」を応援する堺市が設置・運営する就職支援施設。
http://www.sakai-jobstation.jp/index.php

ジョブシップさかい

堺市にお住まいの年齢や性別、障がいの有無に関わらず全ての求職者の就職活動に関する情報の提供や個別相談を行う堺市地域就労支援センター。
http://jobship-sakai.com

この度そのセミナーにおいて、フジアルテスタッフサポートセンター㈱(以下、SSC)へ講演の依頼があり、弊社センター長の衣笠が参加いたしました。

人事戦略セミナー

日時:2019年7月9日(火)
13時30分~

場所:サンスクエア堺 第5会議室
参加:主催者発表25名
堺市内事業所の経営者、人事担当者等

主催者側から企業紹介(SSCの紹介)
「堺市唯一の特例子会社。障がいのある従業員とない従業員が共に働き、共に成長していく会社を目指し、全員が永続的な人間的成長をし、共存・共生ができる取り組みを継続されています」

講演内容等

・SSCとフジアルテの事業紹介

・テーマ
「特例子会社として、障がい者雇用の取り組み」
・質疑応答、意見交換

出席者様からのお声・感想

「障がいのある人を雇うことになり、面接の仕方が分からなかったが参考になった」
「数名だけ障がい者雇用をしているが、62名も雇って定着されているコツを教えて欲しい」
「鬱病の人が働くと悪化するのでは、と思っていたが、服薬や配慮等で就業可能だと分かった」
「人手不足に加え応募が少ない業界なので、今まで念頭に無かったが今後、障がい者雇用も考えてみたいと思った」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。